大学生の一人暮らし

一人暮らしは誰しもが必ず一度は通る道かと思いきや、選択肢次第では一度もそういった経験をしない場合もあります。

 

早くに結婚する可能性もありますし、家業を継げば一人暮らしを経験する機会は得にくいでしょう。

 

多くの方が初めて経験する一人暮らしの理由は、大学進学かと思われます。

大学生となっても地方から大学へ通うのが難しければ、一人暮らしをして生活を始める事になるでしょう。

 

ただ、一人暮らしと言っても大学生は勉強が本分ですから生活費の全てを自力で捻出するのは難しいです。

 

何らかの方法で支援を受けつつ一人暮らし、というスタイルが一般的ではないでしょうか。

 

大学近郊の街では、春先になると毎年のように学生がやってきます。

 

これから進学して一人暮らしを始めるという方は、まず生活がどのように変わるのかをイメージしてみると良いでしょう。

一人暮らしを始める大学生にとって大きな負担となるのは

一人暮らしをすれば、家の事は基本的に何でも自分でしなければなりません。

 

寮に入れば負担の多くを代行してもらえますが、自分自身の管理は自分に委ねられます。

 

それまでの生活で家事の手伝いを多少なり経験していると、一人暮らしを始めても対応しやすいです。

 

一人暮らしを始める大学生にとって大きな負担となるのは、掃除洗濯料理の三本柱でしょう。

 

掃除は、毎日時間ぎりぎりの生活を送っているとすぐに忘れてしまいます。

 

一人暮らしをするなら朝は10分早く起きて、少し掃除をしてから家を出る習慣を身につけるだけで違いが出てきます。

 

帰ってきて部屋が散らかっていると勉強する妨げになりますから、一人暮らしをする時は特に掃除を意識したいですね。

 

洗濯は機械がほとんどやってくれるので楽ですが、干し忘れや取り込み忘れが多いです。

 

一人暮らしを始めるにあたって料理を頑張るぞと意気込んで、買い込んだ食材を腐らせてしまうのは誰もが一度は通る道でしょうか。

 

一人暮らしで自炊をきちんとするなら、ポイントを抑えて効率化させたいですね。

 

朝からご飯を食べたいところですが、炊くと片付けに時間を多く取られてしまいます。

 

前日に炊いておいて翌朝温めるという方式なら、少なくとも炊飯器は使わずに済むので大学生の一人暮らしに電子レンジは必携です。

 

スーパーで安売りしていた惣菜を温めるのにも重宝しますから、無理がなければ一人暮らしに合わせて用意しておくと良いでしょう。

 

楽をしつつ一人暮らしで自炊にこだわるというなら、朝はパンが圧倒的に優勢です。

 

ただし毎日同じだと飽きてしまうので、ジャムやおかずに変化を付けたいですね。

TOPへ