一人暮らしにおすすめの冷蔵庫

冷蔵庫は、一人暮らしする場合、必需品になりますが、一人暮らし用のものを探しているなら、それにふさわしい物を選ぶ必要があります。

 

一人暮らし向けの冷蔵庫でおすすめなのは、一人暮らしで自炊したい人は、大容量の2ドアタイプがいいでしょう。

 

一人暮らしを始める人の場合、多くはワンルームか1Kで、いずれかの部屋に住むようになるので、それに合わせて冷蔵庫を買う必要があります。

一人暮らしする場合、引越しすると、ほとんどの家には、冷蔵庫を置くスペースが用意されています。

 

ただ、家によって広さが違うので、一人暮らし用の冷蔵庫を買う場合、事前の確認が必要になります。

 

注意しないといけないのは、冷蔵庫を置くスペースにピッタリの物を入れると、故障の原因になることです。

 

また、一人暮らしなのに、大きな冷蔵庫を買ってしまうと、ムダに電気代がかかることになります。

一人暮らし用冷蔵庫の選び方

冷蔵庫を買う時は、一人暮らしの場合、色んな面に配慮して、慎重に検討する必要があります。

 

一人暮らしで冷蔵庫を買う場合、置く時に必要な周囲の最低条件は、左側0.5cm、右側0.5cm、上側5cm、裏側0cmです。

 

昔の製品と比べて今の冷蔵庫は、隙間を取る必要がなく、下側から熱を逃がす構造に変化しています。

 

しかし、少ない隙間が通用するのは、放熱を下側からに変更した冷蔵庫なので、購入する際には注意しないといけません。

 

一般家庭用の大きな冷蔵庫なら対応している機種が多いのですが、一人暮らし用のものは、対応機種が少ないです。

 

メーカーの説明を見ると、放熱方法について記されているものはほとんどないので、冷蔵庫を買う時、店員の説明を聞く必要があります。

 

メーカーが推奨する隙間で、後ろ側が5cm必要な冷蔵庫は、放熱方法が後ろの場合が多いです。

 

冷蔵庫を一人暮らし用として購入する場合は、必ず隙間を確保できるものを確保する必要があります。

 

一人暮らし用の冷蔵庫を選ぶ場合、もっとも重要なのは、中に何を入れるかで、それに合わせて容量を選ばないといけません。

 

容量はリットルで表現されているので、一人暮らし用の冷蔵庫の場合、小さいサイズの40リットルで十分かもしれません。

 

一人暮らしで冷蔵庫を購入する時は、自分の生活スタイルに必要な容量はどれくらいかを確認することです。

 

また、一人暮らしは経済的に余裕がないので、冷蔵庫は、できれば省エネタイプのものがおすすめです。

 

ただ、小さな冷蔵庫の場合、大きな節約機能を求めるのは無理があるので、その辺はあまり意識して選ぶ必要はないでしょう。

TOPへ