節約生活したい人の大学一人暮らし

一人暮らし、誰でも一度は経験してみたいと思うものではないでしょうか。

 

大学での一人暮らしは、今まで親に面倒をみてもらっていたことが、どんなにありがたいものかを再認識できるいい機会だと思います。

一人暮らしが大変といっても、親の仕送りがある人がほとんどだと思いますし、社会人ほど時間も取られないため、自分さへしっかりしていれば快適な大学生活を送れることと思います。

 

使える時間も自分次第であり、ここで過ごす時間の使い方次第で、今後の人生に影響が出てくることは言うまでもございません。

 

この期間をのちの人生の足がかりとして、できるだけ充実したものになるようにしたいものです。

 

さて一人暮らしをする際、誰でも支出を抑えたいと思うものだと思います。

大学生活で生活の知恵を身につける

そこで自炊する習慣を身につけたほうがよいと思います。

 

コストを考えるとお米を炊いて食べるのが一番安いと思います。

 

今は100円ショップもあるので、おかず、調味料なども安く仕入れられると思います。

 

他にうどん、そばもおススメです。

 

肉、魚もたまにはいいでしょう。野菜もできるだけとりましょう。

 

できるだけバランスよく、低価格に抑えるのがうまい食事法だと思います。

 

洗濯、掃除は学校休みの土日祝日を中心に、昼間やるのがよいと思われます。

 

壁の薄いアパート等、夜遅く掃除機や洗濯機を動かしていると苦情がくることもあったりします。

 

友人知人も呼んで一緒に過ごす際も、騒ぎ声など夜間は特に気をつけたほうがよいと思われます。

 

また学業に影響が出ない程ならバイトを経験してみるのもいいでしょう。

 

あくまで学業が第一ということを念頭においたほうがよいです。

 

学生生活の2年間、4年間など本当にあっという間に過ぎてしまいます。

 

後で何かこの期間に身につけた、大学に行ってよかったといえるような時間の過ごし方をすることが大切だと思います。

TOPへ