大学生へのバイト指南

大学生活、しかも一人暮らし! となると、どうしてもお金が必要になりますよね。

 

生活費はもちろんですし、大学生ともなるとこれまで以上に交遊費が増えてきます。

 

さらに、部活やサークル等を始めると、飲み会による出費がかさむかさむ……。

気持ち的には、さくっと高給な短時間のバイトで稼いでしまいたいところです。

 

しかし! ただお給料が良ければいいってもんじゃありません。

 

バイト選びにはコツがあるのです。

 

多様なバイトをこなしてきた私の経験から、避けた方が良いバイトとオススメのバイトの傾向を紹介したいと思います。

おすすめアルバイトの2大条件

1.拘束時間の長いバイトを避けろ!

 

これが大前提です。

 

給与が良いことに惹かれて結婚式場のバイトに手を出した私ですが、すぐに後悔することになりました。

 

なにせ、丸一日潰れるので、趣味も勉強もできません。

 

拘束時間の長いバイトは当然お給料が高い傾向にありますが、安易な気持ちで始めるのはやめましょう。

 

そのハードさに体力を持っていかれ平日に影響が出る始末。

 

せっかくお金を稼いでも、使う時間がなければ意味がありませんが、完全に生活費飲みに当てると言う場合には向いていると言えます。

 

2.学内バイトを探せ!

 

多くの学校では、外部から講師を招いてセミナーを開催したり、オープンキャンパスで大々的なイベントを行っているはずです。

 

会場設営や資料作りなど、イベント準備のバイトの募集がかかったらチャンス! すかさず申し込みましょう。

 

下手なバイトに手を出すより安心ですし、慣れた環境なので効率的に立ち回ることができます。

 

また、大学によってはゼミや教授の手伝いを日頃から募集しているケースもあります。

 

以上、2点のみですがアドバイスでした。

 

無理なく長期的に続けられる、または短期でサッと終えられるバイトを見つけることをお勧めします。

TOPへ