面接で有利になるスーツ着こなし術

就活で面接はとても重要なアピールポイントとなります。

 

確かに受け答えがしっかりしているかどうかも大切ですが、見た目だけでも面接官に対して印象を強く与えられます。

 

そこで、面接に有利になるスーツ着こなし術について挙げていきましょう。

面接で有利になるスーツ着こなし術一つ目は「色合いを揃える」ことです。

 

例えば、ベルトの色が茶色に対して靴の色が黒であると、第三者から見てバランスが悪く映ってしまいます。

 

しかし、色合いを揃えることでスッキリと見た目が映えます。

 

バランスの良い色合いであれば、スッキリとして相手から見えるので好印象を持たれます。

 

二つ目は「ポケットのフラップをしまわない」ことです。

 

フラップとはポケットの内側に雨や汚れが侵入することを防ぐための役割を果たします。

 

ポケットの中にフラップをしまってしまうと、見かけが悪くなってしまい清楚なスーツが台無しです。

 

ポケットのフラップはしまわないように注意しましょう。

身だしなみで準備万端

三つ目は「ポケットになるべく物を入れない」ことです。

 

両脇・胸ポケットに物を入れてしまうと、相手から見たときにポケットが膨れてしまっていて印象を悪くしてしまいます。

 

しまうものは薄いハンカチなどポケットが膨らまない程度のものに抑えましょう。

 

そのほかのものは内ポケットにしまうと良いでしょう。

 

四つ目は「ジャケットのボタンを外さない」ことです。

 

これは就活時には最も忘れてはいけないマナーとなります。

 

ボタンを外してしまうとだらけているイメージを持たれてしまいます。

 

本番前にはボタンがしまっているかどうかを再確認し、悪い印象を与えないように注意しましょう。

 

以上の四つが面接で有利になるスーツ着こなし術となります。

 

就活を初めて経験される学生は緊張し、なにを質問されるかどうかで頭がいっぱいになってしまいます。

 

しかし、受け答えに気をとられてしまって身だしなみを乱してしまえば、せっかくの面接も失敗に終わってしまいます。

 

本番前にはしっかりと身だしなみを確認し、万全な状態で面接を受けるように心がけましょう。

TOPへ