面接で有利になる自己紹介ポイント

就職活動を前に、面接の練習を繰り返して行っている方も多いのではないでしょうか。

 

面接時に一番のアピールポイントとなるのは「自己紹介」です。自己紹介をうまく出来るかどうかで、合格する確率も変わってしまいます。

 

そこで、面接で有利になる自己紹介のポイントについて挙げていきましょう。

自己紹介を行う意味を知る

まず一つ目は「自己紹介を行う意味を知る」ことです。

 

自己紹介には基本的に「自分の事を相手に知ってもらう」といった意味があります。

 

その上で、相手に興味を持ってもらえるような話をすることが必要となるのです。

 

自己紹介の意味を理解することで、どういった話し方をしたら良いかなどの改善点が見えてくることでしょう。

長すぎず、短すぎず

二つ目は「長すぎず、短すぎない」ことです。

 

自己紹介で一人に与えられる時間は短く、おおよそ60秒〜90秒程度です。

 

長くなりすぎてしまうと、話にまとまりがなく飽きられてしまいますし、短すぎてしまうと内容が伝わらずに終わってしまいます。

 

話をまとめて内容の濃い自己紹介を心がけましょう。

棒読みは厳禁

三つ目は「棒読みするような読み方は避ける」ことです。

 

棒読みで自己紹介をしてしまうと、面接官に良い印象はもちろん与えられません。

 

棒読みを防ぐためには、自分が自己紹介で伝えたい所を文章で記憶するのではなく、単語で記憶するようにすることがコツです。

 

文章で記憶してしまうと、ぎこちなく話してしまいがちですので注意しましょう。

相手の目を見て話す

四つ目は「相手の目を見て話す」ことです。

 

これは基本中の基本ですが、面接本番にはあまりの緊張に人の目を見て話すことが出来なくなってしまうことがあるので注意しましょう。

 

目をそらして話をしていると印象も悪く映りますし、相手に伝わらない可能性が出てきます。

 

対策としては相手の目の下を見るようにし、緊張してしまうことを避けましょう。

 

以上のポイントをしっかりと頭に入れておけば、面接官に自己紹介で好印象を与えることが出来ます。

 

是非、試してみてください。

TOPへ