面接でやってはいけない行動をいくつか挙げていきます

面接では緊張しすぎることも、緊張しないことも良くありません。

 

常に程よい緊張感を持っていないと、自分の悪い癖や印象が悪くなるような行動をとってしまうこともあります。

 

面接本番で印象を悪くするような行動を避けるためにも、面接でやってはいけない行動をいくつか挙げていきましょう。

 

足を小刻みに動かす

まず一つ目は「座っている際、足を小刻みに動かす」ことです。

 

これは緊張感がないと出やすい癖のひとつです。

 

この行動は、面接官から見ても良い印象は絶対持たれることはありません。

 

面接当日までには直す努力をしていきましょう。

胸を張りすぎない

二つ目は「胸を張りすぎない」ことです。

 

これはなぜかというと、面接官から見て威圧的な行動に取られてしまう場合があるからです。

 

胸を張る姿勢は良く見えますが、目線が見下すような形になってしまうのはNGです。

 

特に身長が高い方は、注意するようにしましょう。

目を合わせない

三つ目は「目を合わせないこと」です。

 

人の目を見て話すことはコミュニケーションにおいて、基本となります。

 

面接官の方も良い印象は持たないでしょう。

 

緊張して相手の目を見れないということがないよう、練習時から目を合わせて話すことを心がけてください。

椅子の背もたれを使う

四つ目は「椅子の背もたれを使う」ことです。

 

面接官から見て、背もたれにもたれている姿勢は意欲を感じられません。

 

そのため、良い印象は受けないのです。

 

椅子に座る際は、奥の方に腰をかけないで背もたれと背中の間に一拳が入るほどの隙間を空けるように意識して着席しましょう。

手遊びする

五つ目は「手遊びする」ことです。

 

自分の番を待っている間、指や手で手遊びをしないように気をつけましょう。

 

面接官は面接だけではなく、そういった細かい行動までも審査に加えています。

 

最後まで気を抜かず、会場を出るまでは我慢しましょう。

 

以上、五つの行動に気をつけることで面接官へ悪い印象を与えることを防げます。

 

癖は気を抜いてしまうと、自分が気づかないうちに出てしまいます。

 

そのため、事前に直すことをオススメします。

page top