大学生の一人暮らし

大学生の一人暮らし記事一覧

一人暮らしをはじめる大学生は、自宅から通う場合に比べてお金がかる場合が多いです。学校指定の寮へ入って生活する場合でも5万円ほどはかかり、アパートやマンションを借りた一人暮らしとなれば更に上乗せされるでしょう。

大学生になり、一人暮らしをはじめました。都内の小さなアパートでした。駅から少し遠かったのですが、家賃が安かったのとお風呂とトイレが別だったのでここにしよう!と自分で決めました。

一人暮らしは誰しもが必ず一度は通る道かと思いきや、選択肢次第では一度もそういった経験をしない場合もあります。早くに結婚する可能性もありますし、家業を継げば一人暮らしを経験する機会は得にくいでしょう。多くの方が初めて経験する一人暮らしの理由は、大学進学かと思われます。

一人暮らし、誰でも一度は経験してみたいと思うものではないでしょうか。大学での一人暮らしは、今まで親に面倒をみてもらっていたことが、どんなにありがたいものかを再認識できるいい機会だと思います。

私は30代後半になりましたが、これまでで最もいい時期だったなと思うのが大学生の時の一人暮らしでした。大学に入学と共に実家を離れたのですが、2年生までは学生寮暮らしで、寮生と3人部屋だったので、ほとんど一人になれる時間がなくて、早く一人暮らしをしたいと思っていました。

一人暮らしをするまではお恥ずかしい話ですが、経済的に困ったこともなく料理をしたこともなかったので、野菜の値段などもまったくわかりませんでした。そんなわたしに母は「できるところまで自分でしてごらんなさい。本当に困った時に連絡してね」と言いました。「サバイバルだな・・・」と思いました。

大学生や一人暮らしのみなさん、自炊してますか?初めの頃はきちんと毎日料理を作ろうと思っていても、毎日の課題やバイトに追われて、だんだんと十分な家事時間が取れなくなってくるもの。

大学で一人暮らしを始めると、毎日自分で食事を作ることになります。料理をすれば、それと同時に「食器洗い」という作業が、当然発生します。この食器洗いにおいてのポイントは、必ずゴム手袋をはめることです。

冷蔵庫は、一人暮らしする場合、必需品になりますが、一人暮らし用のものを探しているなら、それにふさわしい物を選ぶ必要があります。一人暮らし向けの冷蔵庫でおすすめなのは、一人暮らしで自炊したい人は、大容量の2ドアタイプがいいでしょう。一人暮らしを始める人の場合、多くはワンルームか1Kで、いずれかの部屋に住むようになるので、それに合わせて冷蔵庫を買う必要があります。

ある程度、実家で家事手伝いをしてきた人なら、料理・洗濯・掃除など始めからつまづくことはないでしょう。しかし実際になんでもかんでも自分で考え、自分で行動を選択し、それらに自分で責任を持つということは大変です。これが一人暮らしというものです。

高校を卒業して大学生になってから一人暮らしを始める方ってたくさんいます。しかし、今まで親御さんがやっていたことをすべて一人で行わなければなりません。よって、大学生の一人暮らしの生活のコツについて説明します。

page top