狭い部屋を広く見せるなど快適な部屋のコツを紹介します

一人暮らしの部屋

一人暮らしを始めるキッカケとしては、大学進学などの新生活が真っ先に思い浮かびますが、単身赴任という事もあります。

 

前者はともかく、後者はなるべくお金をかけずに生活基盤を構築したいですね。

 

一人暮らしとは言っても別に本来の住居があるのですから、部屋は簡素で構わないという方が多いでしょう。

一般的な一人暮らしの方に目を向けてみると、こだわりは色々出てきそうです。

 

大体の部屋の広さは、ワンルームから1LDKあたりとなるでしょうか。

 

1LDKの広さがあると、一人暮らしだけでなく二人での生活となった時にも対応できます。

 

学生が一人暮らしを始めるにあたって借りる部屋は、広さよりも家賃が重要視される傾向にあります。

 

一人暮らしに使う部屋の広さは様々ですが、狭くても住んでいて楽しくなるような雰囲気を作りたいですね。

 

狭い部屋を広く見せる、感じさせるコツは幾つかあります。

 

一人暮らしで用意する家具は背の低いもので統一すると、圧迫感がありません。

 

一人暮らしをするにあたって好きな家具を好きなように買いたい気持ちは分かりますが、無計画に取り入れると部屋が雑然としてしまいます。

 

何かテーマを取り入れ、それに合わせてコーディネートしていくと良いでしょう。

快適な部屋は自分で作るもの

一人暮らしで他に誰もいないという利点を活かし、思う存分自分の好みに部屋を染めてしまっても良いでしょう。

 

もちろん友達や恋人が遊びに来る事はあるでしょうが、住んでいるのは自分です。

 

一人暮らししている自分の事を蔑ろにしては、何のためのレイアウトか分からなくなってしまいます。

 

ただ、それなりにレイアウトを凝ると費用がかかります。

 

一人暮らしをするにあたって家賃のために狭い部屋を選んだのにインテリアが高い、というチグハグな状況は避けたいです。

 

一人暮らしをする時の部屋選びのポイントは、人によって異なるでしょう。

 

学生なら第一に家賃を考えたくなりますが、ただ安ければ良いという訳ではありません。

 

快適に一人暮らしをしていくための要素を、基本的なところで言えばバストイレが別だったりエアコンが完備されていたりという事を求めたくなります。

 

女性なら、快適さだけでなく防犯面も意識した部屋選びをしたいです。

 

一階を避ける、オートロック付きの物件にするといった具合で自分に合った一人暮らしのプランを立てましょう。

 

他人の真似をしても意味はないので、まず自分が欲しいと思うものを挙げてから一人暮らしに不要なものを削っていくと良さそうです。

page top